看護師が転職を決める理由

看護師の世界でも、人間関係の悩みは多いんだね

看護師が転職を決める理由



看護師が転職を決める理由は多岐に渡っています。

他の病院で働いてみたい、スキルアップしてみたい、他の分野で常勤看護師として働いてみたいなど自分の技術を向上させたいと思い転職を決める方もいます。

ほかにも給与をもっと上げたい、勤務時間が安定した職場で働きたい、 通勤に時間がかからない場所で働きたいなど自分の勤務条件に合った職場を探す ために転職を決める方、職場の人間関係に悩み転職を決める方などもいます。 そうした方ほど、上手に保育園看護師の求人サイトを活用しています。

特に一番多い転職の理由が結婚や家庭の事情、出産や育児などです。 実際に転職をされた方も多いのですが、転職はしていないが、転職を検討した ことがある看護師は、なんと約80%もいるという統計が出ています。

転職を検討した理由で最も多いのが人間関係の悩みです。先輩や上司との 人間関係がうまくいかず、転職を検討しているという人がとても多いのです。 看護師の仕事というのは非常に過酷です。

そんな中、人間関係がうまくいかない状況になれば、転職を考えざるを得ない というのが実情です。看護師の方が転職する割合は他の業種に比べても多く、 決して人間関係の悪化だけで転職するのは恥ずかしいことでもありません。

命を預かる仕事だからこそ、自分が納得できる環境で働く事がとても大切なのです。 また、看護師の方は非常に向上心が強い方が多く、より高度な医療現場に携わり たいと思っている人がかなり多くいます。大手の病院や都市部と地方の病院では 医療技術がかなり偏っています。

また、今働いている診療科とは別の診療科で働きたいと思っている方が転職する ケースも多く、他の分野やスキルアップをしたいと思って転職する方も多いのです。 最近は介護の分野に転職する看護師の方も増えています。

転職した看護師の最も多い理由が結婚や家庭の事情です。看護師の労働環境は 他の職種に比べてもかなり過酷となっています。育児や出産と同時に行うのは 非常に大変なことであるため、両立ができるような環境が整った医療機関へと 転職する看護師の方が大勢いるのです。

より良い環境で働くためにも、自分の条件に合った求人を見つける事が大切なのです。

<関連サイト>
岐阜県ナースセンター

看護師、残業が少ない職場を探す方法

職場を比較する際に残業が少ないところを探しているという方も多いのではないでしょうか。看護師が働く職場の中には残業が多く、しかも残業代が発生しないようなところもあります。そういったところで働くのは疲れてしまいますよね。

また、家族がいる方は毎日残業が続くと家族に迷惑をかけたり、寂しい想いをさせることになってしまうかもしれません。現在残業が多くて悩んでいるということであれば、残業を減らしてもらえないか職場に相談するのもいいでしょう。

ただ、他の人が残業をしている中で自分だけ断るということは難しいですよね。そういった場合は残業が少なかったり、残業のシステム自体がないところへの転職を選択するといいでしょう。

注意しなければならないこととして、転職の方法によっては事前に残業がどれくらいあるかわからない場合があるということ。例えば、新聞の折り込みチラシやフリーペーパーに掲載されている求人というのは自分で実際に面接をしてみないと詳細がわからない場合があります。

しかも面接を受けた際に残業があると言われたとしても、「それならいいです」と断るのは難しいですよね。こういったことを避けるためにも、転職支援サイトを利用してみてはどうでしょうか。

転職支援サイトでは事前に担当のコンサルタントから職場に関する情報を手に入れることができるので、残業があるかどうかという点についても知ることができます。

面接日の調整や細かい交渉も代行してもらうことができるので、気軽に利用してみるといいですね。 また、転職支援サイトでは複数の条件を出すことができます。

残業がない、または少ないところ以外にも、有給消化率が高い、職場の雰囲気がいいなど、気になる条件をつけて求人を探してみてはどうでしょうか。残業が少ない求人情報は競争率も高いですが、取り扱っている求人情報数が多い転職支援サイトを活用すれば理想の求人情報を見つけられる可能性が高いです。

看護師、土日休みの職場を探す方法

看護師の職場には、土日休みというところとそうではないところがあります。中には、求人情報では土日休みとなっていたのに実際に働き始めるとそうではなかったというところもあるので注意しておきましょう。

昔は土日は仕事という病院がとても多かったのですが、最近は休めるところが増えてきました。365日入院患者さんに医療を提供しなければならないような病院でもシフトを調整することによって交代で土日に休めるところもあるのです。

また、特に土日に働いても問題がないという人が集まっている病院では、そういった人達に土日を任せ、他の看護師は休みを取るというケースもあります。注意しなければならないこととして、土日の休みを希望するのであれば就職をする際にそのことを伝えておくことが大切です。

働き始めてからできれば土日は休みたいんですが…と相談をしても難しいと言えるでしょう。今の職場ではどうしても土日休みを取ることができないということであれば、転職についても考えてみるといいですね。求人情報を検索する際に土日休みの求人のみに絞ってチェックできるサイトがほとんどです。

ただ、利用する求人サイトによっては土日でも働ける人を探している求人がほとんどというところもあるので、できるだけ求人数が多いサイトを利用したほうがいいでしょう。掲載されている求人数が多ければ多いほど理想の職場が見つかる可能性も高くなります。

そこでおすすめなのが転職支援サイトです。看護師専門の転職支援サイトであれば、通常の求人サイトよりも専門的な求人情報が掲載されています。

求人の中には、事前に交渉をすれば土日休みが実現できるところもあるのですが、そういった交渉を自分でするのは自信がないという方もいるのではないでしょうか。転職支援サイトでは担当のコンサルタントが交渉を代行してくれるので、自分の印象を悪くすることなく土日休みを希望することができます。

また、交渉が上手なコンサルタントが代行してくれれば、自分で交渉するよりも土日休みを実現できる可能性が高くなるでしょう。