看護師の現場

看護師不足がなかなか解消されない理由とは??

看護師の現場

看護師が今不足しているという事は誰もがご存知かと思います。 その背景には診療報酬の改定があります。2006年より『看護師1:患者7』と 改訂されてから、様々な病院から看護師の募集が増えたのです。

2006年以前は『看護師1:患者10』や『看護師1:患者15』が一般的でしたが、 この改定に伴い、看護師を増やさなければ、病院に支払われる報酬が下がって しまうことになったのです。

都市部に関しては看護師が集中しているため割と安定しているのですが、地方となると 慢性的な看護師不足に陥っており、看護師が足りないという事態になっているのです。

最近、医療機関が特に注目しているのが潜在看護師です。潜在看護師とは、 看護師の資格を持ちながら、看護師として働いていない人のことを言います。

そんな潜在看護師は、現在日本国内に55~65万人ほどいると言われています。 看護師が不足している看護師業界では、この潜在看護師をいかに集めるかが 課題となっていると言われているのです。

看護師を集めるため、各医療機関では様々な工夫をしています。 より働きやすい環境とするため、高収入や好条件の職場などが増えてきています。 また、看護師の資格を持ちながらも出産や育児によって職場を離れた人が多数います。

そんな方々が再度働きやすい環境とするため、各医療機関で工夫をしているのです。 24時間体制の託児ができる施設を設置したり、ブランクがあっても丁寧な研修を 取り入れている医療機関などが増えているのです。

看護師を募集しても看護師不足が解消されないというのが現状です。 そのため、病院側は高収入・高待遇で看護師の数を増やそうと努力しているのです。

最近は、このような背景から高収入・高待遇の看護師求人が増えてきています。 そんな中で自分にとってどれだけ給与や条件が合っている求人を見つけるかが 重要となります。

せっかく転職を決めても、自分が納得できる求人が見つからなければ意味が ありません。自分が納得できる看護師の求人を見つけるまで、しっかりと吟味 する事が大切です。最近は、看護師の人材紹介サービスが増えてきています。